ガジェット

iPhone7ついに正式発表!

投稿日:2016年9月8日 更新日:

2016年9月7日(米国現地時間)にAppleは「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」を発表しました。

スペック・仕様

主なスペック・仕様は以下の通りです。

価格

Appleのサイト上に掲載されている価格は以下の通りです。

やっぱり結構いいお値段しますね。。
ストレージ容量ですが32GBの次が128GB。
64GBがとんでいるのも個人的にはマイナス点です。
32GBだとちょっと不安だけど128GBも使わない人なのでヾ(*´∀`*)ノ

同梱品

  • iPhone 本体
  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning - USBケーブル
  • Lightning - 3.5mmヘッドフォンジャックアダプタ
  • USB電源アダプタ

Lightning版のイヤホンもちゃんと付いてくるんですね。
更にアダプタも付いてる点は親切で好感が持てます。

その他特筆すべき点

ステレオスピーカー

iPhone 6sまではモノラルだったスピーカーがステレオになりました。
画面の上部と下部それぞれから音がでます。
横向きで動画を見る時や、横持のゲームをする時に丁度良い感じでしょう。

イヤホンジャック

3.5mmのイヤホンジャックが廃止されました。
替りにLightningのジャックを用いるか、
Bluetoothのイヤホンを使用することになります。

ただ、変換アダプタが付属していますので、
今まで使用してきた愛用のイヤホン・ヘッドホンも使用できます。
充電中に使用できない点がやや不便といったところでしょうか。

カメラ

Plusはリアカメラに広角レンズと望遠レンズの二つを持つデュアルレンズ仕様となりました。
また、光学式手ブレ補正機能も付いていますので
気軽に綺麗な写真を撮ることができます。

FeliCa対応

遂にFeliCaに対応しました。
Suica、iD、QUICKPayなどに対応するようです。
サービス開始は10月下旬のアップデート以降となるとのこと。

IP67等級

遂にiPhoneも防水防塵になりました。
IP67ですので防塵6級の防水7級ですね。

防塵6級:完全な防塵構造
防水7級:規程の圧力、時間で水中に沒しても水が浸入しない

防水7級は「水面下15~100cmに30分間浸けておいても大丈夫」な規格です。
ただしこれは真水でのお話ですので、お湯や水道水の場合は少し話が変わってきます。

一般的な使用方法では問題にならないとは思いますが、
防水を過信してお風呂で使う、水中撮影を行うといった行為は避けたほうが良いでしょう。

また、経年劣化等により防水性能が落ちることも十分に考えられます。
私の場合は「雨に濡れても大丈夫」、「濡れた手で触っても大丈夫」位に捉えています。

発売時期

オンラインの予約受付が9月9日16時1分からで、
発売は9月16日とのことです。
発表からすぐに販売されるのはいいですよね。。
Asusさんも見習って欲しいところdゲフンゲフン

-ガジェット
-, , ,

Copyright© ガジェットのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.