トラブル

Outlookのアドレス帳が更新されない場合の対処法

投稿日:2016年11月12日 更新日:

outlook00

先日お仕事でOutlookのアドレス帳更新について調べたりしたのでメモがてら。

まずはアドレス帳の動作からおさらい。。

キャッシュモード利用時

一覧画面はExchangeを参照する

グローバルアドレス帳の一覧画面ではExchangeを参照しに行きます。
しかし、詳細についてはオフラインアドレス帳(OAB)を参照します。

Exchange上の変更がOABに反映されていない場合はここで差異が生じてしまいます。

OABってなんなのよ?

オフラインアドレス帳(OAB)はオフラインで参照する為のアドレス帳です。

OABのデータはサーバー上で作成され、クライアントにダウンロードされてきます。
また、定期的に自動更新が行われます。

outlook01

このOABを参照することで、一々Exchangeを参照せずに済み、
高速で情報を表示することが可能です。

キャッシュモード非利用時

一覧画面も詳細画面もExchangeを参照する

キャッシュモードを利用していない場合は、
常にExchangeを参照しにいきます。

つまりデータの更新は即時反映され、常に最新の情報を閲覧できます。
※その代わりにパフォーマンス面は劣る

アドレス帳が更新されない原因は?

キャッシュモード利用時のOAB未更新

キャッシュモード利用時にOABが更新されていない、これが原因です。

このOABですが、Exchange上でデータが更新されると、
24時間以内にExchange上のOABファイルが更新されます。

その後、24時間以内にクライアントのOABファイルが更新されます。

つまり、24時間 + 24時間で最大48時間の間未更新状態が続いてしまいます。

outlook02

どうすればいいの?

Exchange上のOABファイル更新についてはどうしようもありません。
MSに問い合わせましたが、その24時間はどうにもできないそうです。

クライアント側への反映については、
手動でダウンロードを行うことで短縮可能です。

OAB手動ダウンロード手順

1. 対象ユーザープロファイルにて、Outlook クライアントを起動します。

2. 「送受信」タブを開きます。

outlook03

3. 「送受信グループ」から「アドレス帳のダウンロード」を選択します。

outlook04

 

4. [前回の送受信以降の変更をダウンロードする] のチェックを外し [OK] をクリックします。

5. [OK] を選択します。

まとめ

なんだかモヤモヤしますが、クライアント側が更新されるまで
最大で48時間もかかってしまうようです。

MSもちょいちょいよく判らない仕様をぶっこんできますよね~

まぁ検証で使う場合などは週末にアカウントを用意、
もしくは更新するなどして早めに用意をしておきましょう。

テスト開始時になって「プロパティ読めねぇ!バグだっ!!」とか
「プロパティ更新されてないんだけどっ!」とならないように気をつけませう。

 

-トラブル
-,

Copyright© ガジェットのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.