ガジェット

FREETELのSIMフリースマホ「極2(KIWAMI2)」と「雷神(RAIJIN)」が発表!

投稿日:2016年10月7日 更新日:

プラスワン・マーケティングが昨日、2016年10月6日にFREETELの新スマホ2機種を発表しました。

SIMフリースマホ2機種

今回発表されたのは以下の2機種です。

  • 雷神 RAIJIN
  • 極2 SAMURAI KIWAMI 2

極2は極の流れを汲むハイスペックスマホで、
雷神は5,000mAhの大容量バッテリー搭載の新シリーズです。

極2 SAMURAI KIWAMI 2

主なスペック


何故かOSがAndroid 6.0なんですね。
雷神のほうはAndroid 7.0なのにこの違いはなんでしょうか。。
発売時期の違いかとも思いましたが、どちらも12月発売予定だそうです。
※発売後にAndroid 7.0にアップデートされる予定みたいです

価格

気になる価格ですが、49,800円(税別)とのこと。
うーん、、微妙なところですね。
ハイスペックを謳っているとはいえFREETELの中華スマホに5万以上は抵抗があります。
iPhone SEとかのほうがいいんじゃないかな、、と思っちゃいますね。
あとはAndroidでもこの金額なら結構選択肢ありそうですよね。

雷神 RAIJIN

主なスペック

こちらはバッテリーとDSDS以外はこれといって特徴もない感じでしょうか。
SoCがイマイチですが、それなりな感じにまとまっていると思います。
スタミナモンスターと謳っていますので、電池もちには期待できそうです。

価格

価格は29,800円(税別)
こちらは割と妥当な線ですね。
スペックや価格的に「メール、電話、ネットサーフィンができればいい」くらいのライトユーザー層狙いでしょうか。
ヘビーな使い方をしないユーザーなら満足いくスペックと価格かと思います。

まとめ

FREETEL自体が割とライトユーザー層向けなイメージがあるんですよね。
品質・性能は高くないが低価格でお手軽。
麗とか見た限りそんなイメージです。

そんな中で5万超えの端末を投入してきたということは
上記イメージからの脱却を図ろうとしているのでしょうか。
「Made by Japan」からは高品質低価格スマホのイメージを植えつけようと頑張っているように見えます。
しかし提供している端末はそのイメージからかけ離れています。

もう「格安中華端末ブランド」として突っ走ればいいんじゃないかなぁ~と思ったり思わなかったり。。

-ガジェット
-, ,

Copyright© ガジェットのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.