ガジェット

RealSense搭載HMD「Project Alloy」~Intelが発表~

投稿日:2016年8月20日 更新日:

先日サンフランシスコで行われた開発者向けイベント「Intel Developer Forum 2016」でVRヘッドマウントディスプレイ(以降HMD)の発表がありました。

Project Alloy

Project Alloyはそれ単独で機能するVR-HMDです。
既存のHMD製品はPCなどの端末に接続して用いますが、これは処理機能やバッテリーなどを内蔵しており、完全なケーブルレスで使用します。
ケーブルが無いことで安心して動き回れますねっ!

また、バッテリーはヘッドバンド後ろ側に配置されており、前後のバランスが取れているとのことです。

RealSense搭載

Project Alloyは更にRealSenseを搭載しています。
RealSenseというのは高解像度カメラ、赤外線カメラ、赤外線プロジェクターが一体化したセンサーです。

通常のカメラが平面的に画像を捉えるのに対し、
RealSenseは立体的に映像を捉え、奥行きまでを認識します。

これによりコントローラを使用せずともユーザーの手を認識し、
仮想のオブジェクトを操作することが可能となります。

また、これらは内蔵の機能となりますので、
デスクや壁に新たなセンサーを設置する必要もありません。

Microsoft「HoloLens」のライバルとなるか?

どうもならなさそうです。

IntelとMicrosoftはVR分野で協力体制を取っています。
お互いに協力しつつ、ことなる方向性で発展させていく感じでしょうか。

ちなみにHoloLens使用時に見る「現実部分」はレンズ越しにそのまま見てるのに対して、
Project Alloyはカメラからの映像をモニタ経由で見ます。
両社の考え方、方向性の違いからでしょうか。

他のVRHMDと比べてどうなの?

これは正直今の段階ではなんとも言えないところです。
Intelは2017年にAlloyをオープンソース化する予定だそうです。
ハードウェア、APIをサードパーティが利用できるようになってからが本番といったところでしょう。

中国のメーカー辺りが安価でそこそこ使えるモノを作ってくれるハズ、、、!

最後に

ここ数年でVRの技術も発展し、色々な会社が手を出し始めました。
HoloLens、GearVR、Vive、Oculus Rift、、、
まだ価格やPC環境的に少し手が出しにくい部分もありますが、このまま行けば数年後には普及し始めるのではないでしょうか。
幼少時に憧れたSFチックな生活も案外すぐそこまで来ているのかもしれませんね。

-ガジェット
-,

Copyright© ガジェットのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.