ガジェット

Logicoolが7年振りのトラックボール「MX ERGO」を発表!

投稿日:2017年9月9日 更新日:

先日Logicoolが実に7年振りにトラックボールを発表しました。
全国のトラックボーラーから歓喜の声が聞こえてきそうです。

スポンサーリンク

LogicoolのトラボといえばM570

LogicoolのトラックボールといえばやはりM570
非常に出来が良く、いまだに愛用者も多い製品です。
私も職場で使っています。

クリック部のスイッチが少し弱いのが難点で、
私もチャタリングが発生したので自分で交換したりしました。

このM570が発売されてから7年間の沈黙を経て発表されたのがMX ERGOです。
これはもう期待しかありませんよね!

 

MX ERGO

MXなトラックボール

同社のマウスでは最上級の製品に与えられる「MX」の文字。
これを冠したトラックボールということで、かなりの期待ができます。
またERGOと付くことから判るように、エルゴノミクスデザインとなっており、
手に馴染みそうな形状をしています。

傾斜角20度

傾斜角を0度 or 20度に調整可能で、
通常のマウス使用時に比べて筋肉への負担が軽減できるそうです。
より自然な体勢で作業できそうですね!

1分の充電で8時間使用可能

たった1分間の充電で8時間使用可能です。
電池切れしてしまっても慌てなくて済みますね。

ちなみに満充電で4か月ほど利用できるとのこと。
3~4か月に1度充電すれば十分でしょうし、
バッテリーを気にする必要が無くなりそうです。

Logicool FLOW 対応

Logicool FLOW複数のPCをひとつのマウスで操作したり、
テキストやファイルのコピー貼り付けが可能な技術です。

そのLogicool FLOWに対応していますので、
仕事で複数端末を操作するような人には持ってこいですね。

接続はUnifyingとBluetooth

接続方式はUnifyingとBluetoothの2種類で、
ボタンひとつで2端末間の切替も可能です。

スマホやタブレットの普及により操作する端末が増えてきていますので
こういった切替が簡単に行える仕組みは有難いところですね。

マウスのMX Masterでは3台までペアリングできましたが、
MX ERGOでは2台までです。

価格は12,800円

価格はやや高めで12,800円(税抜き)です。
消費税を入れたら13,824円。

ん~、、、ちょっとばかり高いですね。

まとめ

ちょっとお高いけど使いやすそうなトラックボール。
M570を愛用している方はこちらに乗り換えてみてもいいかもしれません。

見た目も高いだけあってチープさは感じられませんし、
M570が平気で7年使えていることを考えたら、MX ERGOも同じくらいは使えそう。

エレコムも色々とトラックボールを投入してきていますし、
ここ最近は選択肢が増えすぎて迷ってしまいますね。

 

-ガジェット
-,

Copyright© ガジェットのある暮らし , 2019 All Rights Reserved.